上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
L4D2の配信を再開するにあたり、
画質向上を狙ってみたんですが、
その試行錯誤の結果をメモっておきます。
っていうか自分で調べるときに苦労したんで。

L4D2のようなFPSで重要なのは、
止まってるときが綺麗でも動くと駄目、
という問題をどれだけ解決できるか。
ブロックノイズを軽減できるか、だと思います。

ビットレートをあげない、具体的には1000kbpsが目標値。

[ソースタブ]
ビデオ:SCFH DSFを指定、800*600の15fps。
30fpsにしないのは低ビトレだとブロックノイズが出るため。
フレームレートは実は見た目のフレームにそこまで依存せず、
調整した15fps>調整できてない30fps。
640*480にすれば負荷低減(=他の設定に回せる)けど、
文字がつぶれるので許容ラインが800*600。
1024*768はフレーム飛びを誘発するので、
スペックにあわせて低めの解像度にするといいかも?

[圧縮]
ユーザー設定。コーデックは負荷より画質優先。
(低スペックだとここは負荷優先でもいいんだろうけど)
ビデオサイズ:ビデオ入力と同じ
フレームレート:15fps
ビットレート:ビデオ942kbps オーディオ48kbps 44khz

キーフレームの間隔:8秒
ここいじってみたけど目に見えた変化はわからなかった。
大きくすると細かいフレーム飛びが目立たなくなる代わりに、
フレームの修正タイミング?でやや大きく飛ぶ。
小さくするとfpsが出てないように見える。・・・気がする。

バッファサイズ:5秒
たぶん5秒以上は負荷には影響しない。と思う。

ビデオの滑らかさ:70
実はここの数値がブロックノイズに大きく響く。
厳密に言えばビットレートを抑えた際に、
ここの調整をどれだけできるかで結果が変わる。

0が(もっとも滑らか)って表示されるけど、
fpsとビットレートの比によってはそうでもない。
試すべきは0 30 70 100の4つの数値で、
ブロックノイズにどれくらいの差が出てくるか。

ちなみにぼくの設定あるいはスペック上だと、
100にするとブロックノイズはほとんど出ない、
代わりにフレームが飛ぶ。
0にするとフレームは欠けないけどブロックノイズが荒い。
90、85、80ではフレームが飛ぶのを確認して、
70がギリギリフレームの飛び方が見えないラインでした。

AOE3では50で一番安定してたんですが、
100にするのがブロックノイズ低減できるのは意外。

[パフォーマンス]
負荷軽減のためには高性能がいいんですが、
これを高画質よりにするだけで画質は雲泥です。
特にブロックノイズに大きく影響してくるので、
他のところで負荷下げてパフォーマンスに割いてもいいかも。

[まとめ]
ビデオビットレートを上げると画質は上がる。
けど配信的には限度があるので、
ビットレートを抑えるときはビデオの滑らかさをいじる。
表記上は0にすると滑らかになる
(=ブロックノイズを消せる)ように書いてあるけど、
100にするほうがぬるぬる動いてるように見える。
でも100はたいがいダメ。
総合的にはパフォーマンスのところで画質に差がでるから、
負荷に余裕ありそうならパフォーマンスをいじると良さそう。
スポンサーサイト
2011.02.04 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://t317.blog46.fc2.com/tb.php/94-43ad3396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。