上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
完全にブログを放置していましたが、立てた予想くらいは確認しようと。
2013年の順位予想はこちら。

◇セ・リーグ


  <予想> <結果>
1位 巨人 → 巨人 そらそうよ。
2位 阪神 → 阪神 藤浪が働いたのが大きかったですね。あとは西岡がそこそこでした。
3位 広島 → 広島 菊池や丸の活躍もそうですが、先発陣の奮闘が大きかったと思います。
4位 東京 → 中日 前半はルナ、後半は平田が頑張りました。岩瀬、浅尾もどうにか形に。
5位 横浜 → 横浜 誤算は高崎の大不振と国吉。投手補強で来年Aクラスあると思います。
6位 中日 → 東京 全試合出場どころか、115試合以上がバレンティン一人。怪我が全て。

まぁだいたいは予想通りの感じでした。
ヤクルトの野戦病院状態は毎年のこととは言え、
流石にここまでひどいのはちょっと想定外。
中日も正直思ったより頑張った感じがあります。
とは言え交流戦で下がボロボロだったというのが大きいので、
谷繁兼任監督の手腕が試されますね。


◇パ・リーグ

  <予想> <結果>
1位 福岡 → 楽天 流石にまーくんが24勝0敗は予想できません。則本も大当たり。
              AJ、マギー両方当たったのが全て。
2位 ハム → 西武 まさか中島の穴が埋まるとは。
              浅村より菊池や野上が頑張ったことが大きいと思います。 
3位 楽天 → 千葉 伊東就任が最大の補強。これはまさかでした。
              得失点差マイナスでこの順位は凄い。
4位 西武 → 福岡 得失点差+98でBクラス。ラヘア、パディーヤの計算違いと、
              投手陣の不振が響きました。武田と大場が両方コケたのが痛い。
5位 大阪 → 大阪 ここだけ的中。全体的な投手のコマ不足と、
              坂口、T-岡田、後藤ら主力の不振が厳しかったです。
6位 千葉 → ハム 野手陣はそこそこでも、投手が大きく崩れました。先発がいない。
              稲葉、ホフパワーが衰えた分、得点力もダウン。

混パとはよくいったもので、AクラスとBクラスをほぼ読み間違える壊滅。
得失点差だけ並べると、福岡/楽天/西武/千葉/大阪/ハムの順番なので、
戦力の目算は合っていたんですが・・・。
ハムがここまでコケるのは想定外でした。糸井の穴に関しては、
むしろ大引と木佐貫の2人で十分お釣りがくると思っていて、
その木佐貫が入っても先発が壊滅してしまったのが厳しかったです。
吉川の不振はともかく、中村、斎藤佑あたりがまったく使えなかったのが、
後ろに大きな負担としてのしかかりました。大谷はまぁあんなものとしても。
後半の増井の連投と乱調は見ていて痛々しささえ感じました。

優勝した楽天は、田中の圧倒的な勝ち星が目を見張るのですが、
それより則本が先発として計算できた、どころか他球団のエース級の活躍と、
ドングリ状態だったライトが岡島で埋まったのが大きかったです。
AJとマギーが打線の中核をしっかり担ってくれた分、
周りの選手たちが安定したパフォーマンスを見せることができたのかなと。
あとは金刃と斎藤隆の存在が非常に大きかったです。
スリーマウンテンが崩壊した後で、安定した中継ぎがいたのはもはや奇跡。
永井、塩見、釜田、辛島といった本来の先発候補が軒並みダメだったのが、
来年どうなるか楽しみでもあり、不安でもあります。

楽天は早くも今オフはユーキリスの獲得を発表。
レッドソックス時代からどれだけ劣化してるかはわかりませんが、
AJとユーキリスが並ぶ打線を日本で見られるとは思いませんでした。
これで(アレックス)カブレラでも獲れば面白いんですけどポジションがないですね。

来年も混パは続きそうです。ストーブリーグの結果に期待。
スポンサーサイト
2013.12.29 Sun l 野球 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。