上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日は飲み会の予定完全に忘却してドタキャンしてしまいました。
普段は前日までに確認メールくるから油断してた・・・。

フィギュアスケートは男女シングルがともに終了。
だいたい全部見ましたが、色々思うところはありました。

ヤグディン、プルシェンコの2強時代が終わってから、
より客観性と競技性を高めるために採用されたのが、
今の新採点方式であったと記憶しています。
明確に項目立てされた基準による採点によって、
確かに客観性は保たれたように見えました。

その一方で、新採点方式では、
過去の名プログラムのどれもが低い評価となってしまうのも、
ファンにとっては残念な事実であるのも確かです。
ヤグディンのwinter,仮面の男、ロロのダルタニアン、
どれもフィギュアスケート史に残る素晴らしいプログラムですが、
単純な比較は出来ないとは言え、ストレートラインステップでは
LV4をもらうことはできないはずです。
毎年のような細かいルール改正を経て、至った今回の五輪。
その結果、最も退屈な金メダリストが生まれてしまったのは悲しいことです。

男子では、ライサチェックが4回転を回避して金メダルでした。
ライサチェックのSPは躍動感があり、気迫溢れる素晴らしい演技でした。
しかしFSでは、彼の持ち味を完全に殺してしまい、
ただ淡々とパーフェクトに演じるということに終始した印象を受けます。
プルシェンコのFSは、確かに普段どおりの出来ではありませんでした。
美しく安定したジャンプは影を潜め、スピンのスピードは出ず、
彼の持つ独特の表情と表現力は存分には発揮されませんでした。
もちろん、彼の全盛期と比較して、という話にはなりますが。

ライサチェックの演技は完璧でした。
そして採点システムにもマッチしていた。
これは競技者として驚嘆すべきことであると思います。
ただ、個人的にはロロのダルタニアンや、
プルシェンコのニジンスキーのような時代のスケーティングを、
また見たいと切に願うばかりです。
選手に非はありません。4回転を回避したライサチェックは、
あるいはコーチは、エキシブルにとって最高の名誉である、
金メダルを得るために最善を尽くしたんだと思います。
そしてプルシェンコは、スケーターとして彼の信じる道を貫いた。
それは残念ながら今の採点システムでは完全に評価されなかった。
ただそれだけの話だと思うのです。

そして女子。キムヨナはまさにシステムを完全に利用し、
またそれをこなすだけの力がありました。
FS150点という点数を得た評価には疑問はありますが、
それでも彼女の金メダルは揺るがないと思います。

ただ、FSで印象に残った演技は鈴木明子であり、
長洲未来であり、レオノワであり、
その誰もが決して得点面で高い評価は得られませんでした。
記録よりも記憶、それが演技者としてのスケーターにとって、
最高の栄誉だと考えれば、それもまた仕方ないことなのでしょうけれど。

フィギュアスケートの採点には昔から様々な疑惑がつきまとい、
それは今なお問題にされ続けることでもあります。
安定度、完成度の面で一応のゴールを見たバンクーバーから、
次のソチまでにまた様々にルール改正はなされるのでしょう。
魅せる技術をより評価される、そんな時代が、
また次のソチまでに生まれてくれることを、
1フィギュアスケートファンとして祈るばかりです。
スポンサーサイト
2010.02.28 Sun l スポーツ l コメント (2) トラックバック (0) l top
ここ最近の勝率は4~5割くらい。
たまにやる大ポカがやばい。

気の向くままにパーティを入れ替えながらやってますが、
そろそろきっちり6匹固定でやったほうがいいのかなー。
今欲しいのは素早いアタッカーと、
自力で3タテできる積みポケモンです。
特殊受けにアーボックを育ててみたんですが、
居座り性能は抜群なものの、泥沼っぷりもやばい。
恨みを入れたほうがいいのかなぁ。難しいところ。

アタッカーでピンとくるのがいないんですよね。
ハチマキオコリザルの火力は素晴らしいんですが、
やはり激戦区の95族なだけに100族↑相手には厳しいところ。
となるとタスキを持たせるか、スカーフを持たせるか。
個人的には眼鏡持ちの特殊アタッカーを育ててみたいですが、
グレイシア、ライボルト、ゴルダックと、
どれも一長一短な特殊アタッカーがいるのもまた事実・・・。

今のところの育成候補はフライゴンですかねー。面白そう。
先制技、とんぼ、一致地震と魅力はありますが、
アタッカーとしては今ひとつとも言えたり。

耐久型トリトドンが飛行+身代わりと、鋼、毒+浮遊相手が難しいので、
欲しいのは地面、岩あたりを持ったアタッカーですかね。
岩はドラゴン対策にもなって良さそう。
プテラを育ててみたものの紙耐久っぷりがやばく、
ガラガラもやはり素早さと特防がネックとなってきたり。
剣舞バトンもはまれば美味しいんですが難しいところ。

読みの甘さを意外性で補おうとすればするほど、
かえって役割が中途半端になってる感もある気はします。
ストライク、フライゴン、ニドキング、ニドクインあたりを、
候補にして育てていこうかなーと思ってます。

フィギュアスケート女子シングルのフリーが楽しみ。
レオノワがんばれ!
2010.02.26 Fri l ポケモン l コメント (0) トラックバック (0) l top
バトレボを買ったのでがしがし対戦してます。
peercastで配信したら100人近くの人が見てくれてびっくり。
知識がかなり不足していて、
やっちゃった的なことは乱発してるんですが、
少しずつ経験を積んで覚えていきたいところ。

今日のメモ
・エルレイドは80族
・スカタンクは実は84族でフルアタっぽい
・メガヤンマは95族
・ムウマージは105族でエナボを覚える
・モジャンボは重火力アタッカーで両刀可
・ロトムは91族
・カイロスとヘラクロスは85族
・ガルーラは90族

ポケモンを知らない人には呪文にしか見えないんですが、
素早さの基準ラインのメモなんです。
タイプ相性も時々怪しいので、
1度やったミスを繰り返さないようにしたいです。
2010.02.14 Sun l ポケモン l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。